新聞販売店の仕事内容


◆新聞屋さんの3つの仕事

 

仕事の内容は新聞販売店での正社員の仕事です。

 

おもな仕事は「新聞配達」「集金」「顧客管理」です。

 

健康でやる気のある方なら誰でもできる仕事です。

 

福利厚生面で充実した仕事で、寮完備、日払い対応可

 

社保完、賞与年2回、休日月5日、退職金、積立制度有

 

 

その他、困ったことがあれば相談にのります。

 

◆「配達」・「集金」・「顧客管理」

★まずは 「新聞配達」の仕事

 

だいたい300軒前後の件数の新聞を配ります。

 

出勤時間はおおむね深夜1時から3時くらい

働く店の場所によって違います。

 

新聞がお店に届く時間が出勤時間です。

 

配達時間は約3時間前後。区域によります。

 

慣れるまでは少し大変かもしれませんが

毎日、同じルートで配達しますので、約1週間で

一人で配れるようになり、1カ月もすれば先輩社員と

同じスピードで配れるようになります。

 

女子大生や、年配の人でもやっている仕事なので

慣れてしまえば簡単な仕事です。

 

ただし、最初は結構苦戦します。

 

まず、起きるのが大変。体が慣れるまでは苦労します。

 

最初の1週間は、先輩社員がマンツーマンで教えます。

 

また、配達以外の業務はありません。

 

ですから、早く覚えてしまえば、早く楽になる仕事です。

 

夕刊も同じルートで配達します。

 

朝刊だけとっているお客様も多い ので、配達する件数は

おおむね朝刊の半分程度となり、時間も2時間弱です。

 

最初のうちは配達順に名前が入った順路帳を見ながら

新聞配達をします。その順路帳に順路記号を記入、

更に目印や特徴などを自由に書き込んで良いので

真剣に覚えれば簡単な仕事です。

 

ですから、やる気だけあればOKなのです。

 

★「集金」の仕事

 

集金も、配達順路と同じルートで行います。

 

領収書が配達順路通りに束ねてありますので

上から回って集金すれば道に迷う事もありません。

 

「なかなか払ってくれない人もいるのでは?」と

不安に思う人もいるかもしれませんが、そういう人は

まれで、ほとんどの人は会えればきちんと払ってくれます

 

最初の集金では、留守がちで中々会えない人もいますが

そんな場合でも、不在票をポストや玄関に入れておけば

「何曜日の何時頃来てほしい」と店に連絡が入ります。

 

また、先輩社員が色々な情報を教えてくれます。

 

 ですから、真面目さがあれば誰でもできる仕事です。

 

★「顧客管理」の仕事

 

自分が担当する区域の雑用や簡単な営業です。

 

営業と言っても「御用聞き」程度の仕事で

そんなに難しくはありません。

 

翌月や翌々月で新聞の購読契約が切れるお客様の家を

回り、そのまま続けて新聞をとってもらう。

 

または、他の新聞に切り替わってしまう場合、そのあとの

予約をしてもらう。それがメインの仕事です。

 

洗剤やギフトカタログなどを持って訪問し、契約書に

判を押してもらうだけ。

 

高い商品を売るわけでも、その場でお金をもらう訳でもないので

誰にでもできる仕事です。

 

そして、一軒契約が取れた時には喜びや感動もあります。

 

やっているうちに、新聞を取っていなかった新規のお客様の

契約も自然と取れるようになります。

 

習うより慣れろのことわざ通り、2、3カ月やっていると

自然と営業が面白くなってきます

 

ですから、営業はちょっと不安だな…

と言う人にこそや ってもらいたい仕事です。

 

新しい自分がみつかる?スキルアップに繋がる?

何よりコミュニケーション能力がアップします。

 

地域に密着した新聞屋さんの仕事は

雨風暑さ寒さなど辛い事もありますが

楽しんで仕事をすると、なかなか面白い仕事ですよ。