紹介事例-がんばっている先輩たち


★「0からのスタート」……匿名希望(45歳・神奈川県出身)

 

○入社時のエピソード

自営業をしていた私は40歳になり、不景気で会社を倒産させてしまいました。

幸い借金はなかったのですが、無職になってしまい妻とも離婚することに、家は妻に譲ったので、住居無くもお金もほとんど残っていない状態でした。「住み込みでできる仕事」というと真っ先に思い浮かんだのは「新聞配達」の仕事でした。STEPの求人を見て、すぐに応募することに、池袋の事務所に行くと、志望動機を聞かれたタイミングで事情を説明しました。新味になって話を聞いてくださり、とあるお店を紹介してもらうことになりました。

 

 

○新聞配達の仕事

経験が無かったので仕事に慣れるまではものすごく大変でした。ですが、私は父も母も他界していて、兄弟も居なく身元保証人になってくれる親族はいませんでしたが、所長さんとの面接の時に事情を話したところ快く私のことを受け入れてくれました。その恩義に報いるためにも当時は一生懸命仕事を覚えていました。

 

 

現在の活躍!

あれから5年経ち仕事も一通りできるようになっています。

だいぶ波はあるものの、営業も徐々に慣れてきていて、給料もだいぶ上がってきました。

貯金も増えてきて、生活がかなり安定しています。

 

○現在の目標

前回の失敗や、この新聞販売店で学んだことを生かして、再度自営業の道に進もうと思っています。

新聞販売店での仕事は大雑把にいうと区域管理で、自分の配達をしている区域に「配達」「営業」「集金」をする仕事です。

これは自分がその区域内の社長感覚になるような感じで、売り上げが増えればその分自分の給与も増えますし。

この経験や営業で培った知識を生かして、成功したいと思っています。