ロカボ、ボカロ? ローカーボ??

 

最近ちまたで良く目に耳にする、「ロカボ」と

いう言葉。

「緩やかな糖質制限」を意味する造語とのこと。

 

もう少しキチンと言うと「ローカーボ」。

さらに詳しく言うと「ローカーボ・ハイドレイド」

Low Carbohydrate

低い炭水化物=低い糖質というのが元々の意味だ

そうです。なるほど。

 

初音ミクなんかの「ボカロ=ボーカロイド」と、

ぱっと見区別がつかないですよ…(^^;)

 

糖質オフ商品がすっかり身近になっています。

我が家でも『糖質ゼロ』を謳った発泡酒を常に

買っています。

 

外食産業では、回転寿司でシャリの代わりに

酢漬けの大根などを使った「シャリ野菜」が

登場したとか。

もはやお寿司では無い…いや、回転寿司には

昔からお寿司ではないものが回転していたから

いいのか。

 

コンビニでも、デザートやサンドイッチに

ロカボ商品が。

「『ロカボ』って書いてあれば普通のものより

ヘルシーだから、食べちゃってもいいよね」と

言い訳しながらデザートを口に運びそうな気が

します(苦笑)

 

しかし、「過剰な糖質制限は、健康に悪影響を

およぼす懸念がある」と医師は言います。

「バランス良く食べて、運動することが何より

も大切」とも。

 

おっしゃるとおり、ごもっともです。

昔から言われ続けていることですが、これを実践

するのが非常に難しい訳で…それで「ロカボ商品」

につい手が…。

 

               STEPスタッフ